Weber Workshops

Bean Cellar Glass

販売価格 価格 ¥43,780 通常価格 単価  あたり 

税込 配送料は購入手続き時に計算されます。

究極のコーヒー豆貯蔵庫

私は子供の頃、母に「ポテトチップスの袋を閉めなさい!」と怒鳴られたのを覚えています。親になった今、私はこの伝統を受け継ぎ、子供たちにも同じアドバイスをしています。このことから学ぶべき2つの教訓があります:お母さんの言うことを聞くことと、新鮮な食べ物の方が美味しいということです。

コーヒーを購入した後、多くの場合は購入時と同じ袋に入れて保管します。袋の種類は、環境に優しくないプラスチック製のものから、環境に配慮した紙製のものまで様々です。一方、こだわりのある方は、時間をかけて豆を密閉容器に移し替えています。環境への影響はともかく、これらの方法には共通の欠点があります。

袋や容器の開閉を繰り返すと、コーヒーが外気にさらされ、酸化して古くなってしまいます。焙煎したてのゲイシャを1ポンド19ドルで購入したばかりなのに、コーヒーが早くも古くなってしまったり、ピークを過ぎてしまったりすることほど悔しいことはありません。

Bean Cellarは、コーヒー豆を丸ごと保存するための1回分の専用容器として開発されました。コーヒー豆を購入する際に、スケールやBean Counterを一度だけ取り出して、お気に入りのコーヒーの用量を量ることができるようになりました。1回分のコーヒーを挽くたびに、バッグやスケール、ドージングカップを持ち出す必要がないのは、利便性の面で大きな違いです。また、一度に豆を分けることで、コーヒーが空気に触れるのは、袋を開けたときと挽く直前の2回だけです。ビーンセラーには、独自に開発したワンウェイバルブシステムが搭載されており、焙煎したてのコーヒーのCO2がアウトガスを起こし、軽い酸素をキャップ上部のバルブから追い出すことができます。

2020年に向けて、無垢のチーク材を使用したキャディを再設計し、内蔵されているコーヒーブラシを復活させ、付属のステンレス漏斗の収納場所を追加し、無垢の真鍮のハンドルをデザインしました。これは究極の豆貯蔵庫です。

ONYXバージョン:
同じくEG-1 ONYXに合わせて、キャディの素材をオーク材のフレームポリッシュにしました。また、ブラシも同様にバーナーで磨かれたものを使用しています。

Bean Cellar Glass Inbox:
- 12個のホウケイ酸ガラス製Bean Cellarとキャップのセット
- チーク材のキャディ
- 真鍮製のハンドルと取り付け金具
- ステンレス製の豆入れファンネル(ガラス製と市販の豆入れの両方に適合)
- WWカスタムコーヒーブラシ(ローズウッドのハンドルと真鍮製のフェルール付き)
- 予備のガラス管3本